日本パワーファスニング株式会社の新卒・中途採用サイト

社員紹介

社員紹介STAFF

技術職(工場/技術・品証課)F.K.さん 2014年新卒入社

技術職(工場/技術・品証課)F.K.さん 2014年新卒入社

モノづくりが好きな方にもっとJPFを知ってもらいたいと思います。

F.K.さん 2014年新卒入社

技術職(工場/技術・品証課)

現在、当社でどのような仕事をやっているのか教えて下さい。

おもに、ここ数年は工場で製品の試作や試験に関する仕事と、テクニカルセンターで新規のスペックイン活動などの案件を担当していました。現在は、製品検査やクレーム案件など品質保証に関わる仕事をしています。

当社の技術職にエントリーしたきっかけを教えて下さい。

工業高校出身で幅広く学び、大学ではロボットのプログラミング学びました。モノ作りが好きだった。設計や開発ができるメーカーを探してエントリーしました。説明会の際に開発の仕事があると知り応募しましたが、工場には開発する部署がなかったのでとても残念でした。

この仕事の面白い部分、やりがいのある部分を教えて下さい。

今までの仕事の中で、金型の設計・製作の仕事が面白いと感じました。入社して1年間は下館工場で技術・品証課に配属になり、2~3年目は現場でヘッダ(頭部)とローリング(ねじ部)の製造に携わりました。4年目にふたたび下館工場の技術・品証課に配属された時、不良の原因を探る中で、製品の測り方や機械の状態など、現場を経験したことで得た知識が活かされると感じました。この金型工具を他のことにも使えないか?こういう使い方ができるといいのになと考えながら設計して、自分が考えたことが形になることがこの仕事の面白いところだと思います。

今後の目標や目指す所があれば教えて下さい。

私は考えることが好きなので、改善や品質安定につながることを続けていけたらいいなと思っています。

当社のこと

JPF製品の中ではアンカーは理にかなった面白い製品だと思います。現場の職人の方は多工程で作業されている方がまだまだ多くいらっしゃいます。職人の方にアンカーを紹介した時、”これで留めれるの?!楽でいいじゃん!”と言ってもらいました。職人さんが知らないJPF製品はまだまだいっぱいあると思います。工場にご訪問いただいたお客様にテクニカルセンターで当社製品を知ってもらうことで、新しい反応が生まれるのではないかと思っています。また、JPFはねじの一貫した生産設備を持っていて、金型設計なども行っています。モノづくりが好きな方にもっとJPFを知ってもらいたいと思います。